ロードバイクを始めとする自転車に関する情報をお届けします。

テクニック

【ロードバイク】ライディングフォーム(乗車姿勢)の基本を身につけよう

投稿日:2017年6月5日 更新日:

ロードバイクに乗る時のフォームは他の自転車と違って独特な前傾姿勢が特徴です。

 

ですが、その前傾姿勢がうまくできないと、

無意識に無駄な力が入って力んでしまったりして体がストレスを感じて疲れてしまいます。

 

特に初心者のなかには、慣れないフォームに恐怖心が出て、腕にばかり体重がかかり、上半身がカタくなってしまい、ハンドルやブレーキの操作に余裕が無くなって、咄嗟のアクシデントに対応できなかったりする恐れもあります。

 

ライディングフォームの基本は無駄な力を使わないことですよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

リラックスしたフォームで走る

ロードバイクで走っていて

  • あまりにも疲れやすかったり
  • 体がしんどかったり

するのは余計な力みが入っているからです。

 

ポジションや自分の体の柔軟性も関わってきますが、

まずはあなたのライディングフォームを見直すことから始めてみましょう。

 

リラックスして乗るための基本

リラックスして乗るためにハンドルを握る部分は主にブラケットです。

 

体に力が入っているとハンドル操作がぎこちなくなってしまいます。

 

ブラケットを持つ位置以外にも体の各部にも意識したいポイントがあります。

 

頭部

あごを引いて頭は軽くあげる程度で目線は上目づかいで視界を確保します。

 

近くを見るよりも遠くのほうまで周りの状況に注意を払えるように注意したいですね。

 

首を上げ過ぎると走っている間に首が痛くなったり、肩こりの原因にもなります。

ロードバイクに乗っていて起きる痛み「肩の痛み(肩こり)」編

 

腕は路面からの衝撃を和らげる役割もあります。

 

腕が突っ張っていると路面からの衝撃がもろに来てしまいます。

ロードバイクで走行中の振動対策。手を痛みから解放する方法

 

なので、腕はピンと突っ張らずにブラケットに手を置いたら、

手首をやや内側に入れてヒジは外側に出て肩に戻るような感じにして、

腕に余裕を持たせると衝撃を吸収しやすくなります。

 

 

ハンドルの握り方

ブラケットをギュッと握っていては、ハンドル操作も上手くできません。

 

路面からガタガタと衝撃が来ても手が離れてしまわない程度に握ります。

 

ブラケットは握るというよりも添えるイメージですが、ブレーキレバーに常にブレーキをかけておくようにして危険のないようにしておくのが安全です。

 

ロードバイクのハンドルの種類と特徴

 

 

背中

背中は横から見た時にピンとまっすぐにならずに、自然な曲線を描くような形がいいです。

 

ある程度腹筋と背筋が付いてないとしんどいですが、

乗り慣れてくればある程度は腹筋も背筋も付いてきます。

 

前傾姿勢を維持するためには体幹を鍛えると、長時間走ってもフォームが崩れにくくなります。

体幹を鍛えることは腰痛対策にもなりますよ。

 

腕をつっぱて背中を反らしてしまうとしんどくなります。

 

 

お尻

サドルの前にチョコンえお座らずにサドルの面に座る。

前に座って前乗り気味になると腕に荷重がかかり過ぎてしまいます。

 

しかし、ドッカリと座ってお尻ばかりに荷重を与えると、お尻が痛くなります

 

なので、ペダルとハンドルにも荷重を分散しましょう。

 

ハンドルの上と下を持ったときのフォーム

ハンドルのフラットなバーを持った時と下ハンを持ったときのフォームについて

 

上ハンドルを握る

上半身を起こして走るので、呼吸がしやすくてラク。

ハンドルを握る位置で一番リラックスして走れるポジションです。

 

平地でゆっくり走って体力を回復させるときや、長い登りで使うことが多い。

しんどい登りは上体をおこして呼吸がラクになると走りが続けやすいです。

 

腕はかるく伸ばして手はバーを握るよりも置く感じ。

 

上体は上がるけど、背中は反らさない。

 

下ハンドルを握る

スプリントのように力を入れて走る時に握る下ハンドル。

 

より深く前傾姿勢になれば、平常時よりも多少は空気抵抗を減らすことができるでしょうが、実際はあまり空気抵抗を減らせてるかどうかは体感としてはわからないですが、しっかりハンドルを握り込むことができるので力を入れやすいくはなります。

 

 

 

脇をしっかりと締めて上半身をぶれさせないようにするとパワーを無駄にしにくい。

前傾姿勢が深くなるけど、力み過ぎないように注意。

 

まとめ

ロードバイクでの走行は基本的にはブラケット部分を持って走りますが、

常に同じところに手を置かずに、状況に応じてハンドル位置を変えて姿勢を変えることで

疲れを軽減できます。

 

また、ハンドルポジションだけでなく、ライディングフォームも重要で、

力が入り過ぎていたり、無理な姿勢で走り続けるのはしんどくなるだけで体がツラくなりますし、

上手くロードバイクをコントロールできません。

 

ママチャリは基本的に下半身だけで走りますが、ロードバイクは全身を使って走る自転車です。

 

ロードバイクは下半身も大事ですが、上半身も上手く使うことができるようになれば、

長い時間快適に走ることができるようになりますよ。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-テクニック
-

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.