ロードバイクを始めとする自転車に関する情報をお届けします。

テクニック

ロードバイクが楽しくないのはスピードを出すことばかりに固執してるせい!?

投稿日:2017年7月26日 更新日:

ロードバイクは他の自転車よりも速い速度で走れます。

 

颯爽と駆け抜けるあのスピードに憧れてロードバイクを始めた人も少なくないはず。

 

ロードバイクに乗ってるとスピードへの憧れは誰だって抱くもんです。

 

でも、そのスピードに憧れすぎていることが、

逆にロードバイクを楽しくないものに変えているかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ロードバイクが楽しくないのは実力以上のスピードを求めている

乗りたてのころだってその気になれば、

サイコンの画面に時速50キロを表示させることだってできるでしょう。

 

でも、その速度を最後まで維持することは到底無理な話。

時速25キロだって維持し続けて走るのもなかなか大変です。

 

ロードバイクで速く走るとういうことは、

一瞬だけものすごく速く走れても後がツラくなるだけで、

速く走れるということにはなりません。

 

ロードバイクに乗りたてのころは、

「ロードバイクってこんなスピードの!?ヤバッ」って感じで驚くと思います。

 

ペダルをグッと踏み込めば「30キロでた、オレすげー!!」みたいな気にもなります。

 

ぼくはロードバイクに乗り出したときは、

サイコンの画面に30キロの文字を表示させたくてたまらなかったです。

 

やっぱりロードバイクに乗ってる以上は30キロ以上のスピードで走るっていう

憧れみたいなものもありますしね。

 

 

でも、いきなりトップスピードを出したり、体に無理な負担をかけすぎた走り方では

疲れきってしまって残りの道のりがもうしんどいだけ。

 

家に着くころにはヘロヘロのクタクタ。

 

こんな疲れるような走り方じゃ

「ロードバイクって楽しくねーな」ってなっても不思議じゃないですね。

 

家に帰ってからも少し走り足りないかなぐらいがちょうどいいですよ。

 

サイコンに表示される数字が全てじゃない

サイコンを取りつければ、走行速度を目で確認することができます。

 

サイコンの画面に30キロや40キロと表示されているのをみるのは楽しいですね。

 

でも、その数字ばかりにとらわれているあまりに自分の限界以上の走りをしすぎると、

体に必ずガタきます。

 

たまには自分を追い込むような走り方もいいけど、

常に追い込むような走り方ができるのは、

よっぽどのドМぐらいじゃないかな。

 

レース上位を目指してるならトレーニングとして自分を追い込み続けるのもわかりますが、

気軽なサイクリングを楽しみたいのに、

しごきのような走り方ではロードバイクを楽しめるはずないです。

 

スピードを求めるあまりに余裕がない

目先の速さだけを追いかけて、サイコンと目の前の道だけを見続けてませんか?。

 

速さを求めるばかりに視界がせまくなり、

交通ルールを守らなければ事故になりそうなヒヤッとする場面に遭遇する率は高くなります。

 

というより自分勝手な走りをしているせいでヒヤッとする原因を作ってるとも言えますね。

 

でも、少しスピードを抑えれば周りの状況把握もできるし、

風景だって自然と目に入ってきます。

 

街中を走っていれば、信号に行く手を阻まれるのはよくあること。

100%回避することは不可能なのにそれに対しても余裕がなくてイライラ、

前を走っているシティサイクルにもイライラ。

 

これじゃあ楽しいサイクリングどころじゃなくなりますよね?

 

 

気楽にロードバイクを楽しもう

スピードを出して走ることはロードバイクの醍醐味であって使命ではありません。

 

スピードに憧れるのはぜんぜん構わないんですが、

ばかりにとらわれすぎてるとツライだけの乗り物になってしまいます。

 

車や単車と違ってロードバイクのエンジンは乗り手のあなた自身です。

 

無理して実力以上のスピードを出しても、

そのスピードは長続きせずヘロヘロになるだけ。

 

ロードバイクは軽く流すだけでも楽しめます。

 

ロードバイクに楽しく乗ってるうちに、

徐々に自力がついてきて速度もだんだん伸びてきます。

 

 

ロードバイクの速さは=快適さですが、

スピードを出せばいいってもんじゃないですよ。

 

 

速く走ることばかりに重点をおいた走り方をしてるなら、

肩の力を抜いてたまには気軽にのんびり走ってみるのもいいですよ。

 

 

スピード重視よりも限界の一歩二歩手前の余裕をもった走りで、

ロードバイクへの付き合い方、楽しみ方を再発見してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-テクニック
-,

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.