メンテナンス

クロスバイクをドロハン化するときに必要なパーツと気をつけたいこと

投稿日:2017年10月21日 更新日:

 

カジュアルに楽しめるクロスバイクからスポーツバイクに興味を持ち出し、

ドロップハンドルがついたロードバイクがほしくなることもあるんじゃないでしょうか。

 

 

ただ、ロードバイクが「ほしい」と思っても

簡単にすぐ買えないことのほうがほとんどだと思います。

 

 

そこで手持ちのクロスバイクをドロップハンドルに改造すれば、

ロードバイクにできると思いませんか?

 

ということで、

今回はクロスバイクをドロップハンドルにカスタマイズすることについてお話したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

クロスバイクにドロハンは付けられるけど…

クロスバイクにドロップハンドルを付けることは可能です。

ただ、ドロップハンドルにしたからと言ってロードバイクにはなれないです。

 

 

クロスバイクとロードバイクはパッと見、

ハンドルの形状ぐらいしか違いがないような感じもするので、

ハンドルを変えればクロスでもロードになれる気もします。

 

でも、実際はハンドル以外にも

エンド幅が違ったり(中にはロードと同じエンド幅のクロスもあります)、

フレームの違いだったりといろいろ違いがあります。

 

違いの話は別の機会に。

 

 

他にもハンドル以外にも購入が必要なパーツもあるので、

費用がかさむことも忘れないでくださいね。

 

ドロップハンドルに改造する時に必要なパーツ

ドロップハンドルに交換するのに必要な物は、

ハンドル以外にも

 

  • VブレーキローラーもしくはミニVブレーキ
  • ステム
  • STIレバー(レバーが別々ならそれぞれ用意)
  • ブレーキ、シフトワイヤー
  • バーテープ
  • ブレーキケーブルアジャスター

などたくさんのパーツが必要です。

 

ロード用ブレーキレバーじゃVブレーキが使えない

クロスバイクに装着されているブレーキはVブレーキです。

 

このVブレーキはワイヤーの引きしろが大きいブレーキなので、

引きの小さいロード用のブレーキレバーではVブレーキのワイヤーを引ききれないので、

レバーを引いてもブレーキが利きません。

 

ブレーキ本体をキャリパーブレーキに変えればいいじゃんと思っても、

クロスバイクにはブレーキを固定する穴がないので、

キャリパーブレーキに交換することはできません。

 

 

ただし、Vブレーキローラーを装着するか、

ブレーキ本体をショートリーチのミニVブレーキに交換すれば、

STIレバーが使えるようになります。

 

 

 

ミニVブレーキとVブレーキローラーどっちがいいか

ローラーはバナナ管と取り替えて使います。

 

調整には手間もかかりバシッとブレーキが決まりにくこともあり、

ミニVブレーキのほうが個人的にはいいと思います。

 

 

ミニ(コンパクト)Vブレーキは普通のVブレーキよりもアームが短くい分引きしろも少ないので、

ロード用のブレーキレバーでも使えるVブレーキです。(Vブレーキのレバーでは使えません)

 

制動力は普通のにくらべると劣りますが、

Vブレーキローラーを付けて調整するより手間がない分楽です。

 

 

Vブレーキレバーにはアジャスターがついてるので、

それを回してシューとリムとの隙間の間隔を微調整できます。

 

でもSTIとブレーキ本体にはアジャスターがないので、

ブレーキケーブルアジャスターを使うことでワイヤーの微調整ができるようになります。

 

 

ステムも交換が必要

ドロップハンドルは基本的にブラケット部を持って走るので、

クロスバイクに装着されていたステムをフラットバーからドロップハンドルに交換するしたときに

そのまま使うとハンドルが遠くなります。

 

また、交換するハンドルのクランプ径(バー部分の太さ)が違えば、

ステムに合わない場合もあり、

そうなるとステムを交換する必要があります。

 

 

まとめ

 

ロード用のブレーキレバーではミニVブレーキかVブレーキローラーが必要で、

普通のVブレーキは使えないことを覚えておいてください。

 

それとハンドルを交換すると今まで使っていたステムが合わなくなることもあるので、

ステムの交換も必要です。

 

その他にも必要なパーツ

  • STIレバー
  • バーテープ
  • ブレーキケーブルアジャスター
  • ワイヤー類

などもそれぞれ揃える必要があります。

 

また、クロスバイクにドロップハンドルに付けたからといって、

ロードバイクになるわけではありません。

 

見た目は今までよりもスポーティで見栄えもするようになりますが、

フレームの重さなどは変わらないし、

クロスバイクの良さである気軽るに乗れる感じは消えてしまいます。

 

見た目やカスタムを楽しみたい人はフラットバーをドロップ化してみても面白いですが、

ロードバイクに乗りたいからドロハン化したいって考えてる人は、

ハンドルを変えてもクロスバイクのままなので、

ロードバイク購入を検討するほうがいいと思いますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-メンテナンス
-, , , ,

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.