ウエア

ロードバイクの服装ってダサいよなwと見た目だけを気にしてサイクルウェアを着ないのはもったいない

投稿日:2017年3月14日 更新日:

roadbike

「ロードバイクに乗ってるやつのピチピチでモッコリの服装ってダサいやろ!」

「あんなん着てて恥ずかしくないん?」

 

確かにそう思う気持ちがわからないわけじゃないですし、
ぼくも実際にロードバイクを始めて着てみるまではそう思っていました。

 

ですが、意味がなければあんなピチピチのサイクルウェアなんて
わざわざ着る必要なんてないはずですよね。

 

サイクルウェアがなんで体にピッタリとしたスタイルなのか
一度考えてみてはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

サイクルウェアを着るのと着ないのでは大違い

 

 

ロードバイクはどんな服装でも走ることはできます。

あんなピッチピチのかっこ悪い服なんて着なくても
自分の足には自信があるからTシャツとデニムでビュンビュンと駆け回ってやるぜ!

 

と、サイクルウェアの見た目だけを気にして毛嫌いするのはちょっと待ってほしい。

あのピチピチの服装はロードバイクなどのスポーツバイク専用のウェアです。

他のスポーツにも専用の服装があるように、
自転車専用として存在しているのはそれなりの理由があるからなんですね。

 

プロの選手だって意味があるからサイクルウェアを着ているのであって、
必要ないなら自分の好みの服を着て走っているかもしれませんよ。

 

スポーツとしてロードに乗るならサイクルウェアを着るべき

 

ぼくは何でもかんでも「サイクルウェアを着てロードバイクで走ろうぜ」
と言うわけではありません。

 

Tシャツ、ポロシャツ、デニム、チノパン、
冬場はダウンジャケットやコート
何着て乗っても自由ですし街中を移動する手段として
ロードバイクを活用しているなら普段着でも全然問題ない。

 

カジュアルな服装で走りたいならアウトドアウェアのほうが動きやすいです。

 

 

普段着でサイクリングやロングライドなどをすると乗り始めはいいけど、

距離を走るにつれて動きにくかったり汗が乾きづらかったりすると走るのがつらくなってしまいます。

 

そのため、単なる移動手段としてではなくスポーツとしてロードバイクで走る時には、

サイクルウェアを身につけているほうが断然快適です。

 

こづかいが少ないサイクリスト必見!?安い冬のウェア選びならこれ!!

 

 

サイクルウェアの特徴

 

サイクルウェアはロードバイクでの走りを快適にするために作られています。

 

意味があるからこそサイクルウェアがピチピチでモッコリとしたスタイルになっているんですよ。

 

空気抵抗が減って走りが楽になる

ロードバイクの天敵が空気抵抗です。

そして、ロードバイクで走っていて
空気抵抗を一番受けているのは乗り手自身なんですね。

空気抵抗はスピードを出せば出すほど強くなり、
速度を出すのがしんどくなり、脚も疲れます。

向かい風が吹けばさらに空気抵抗は増えてしまいます。

 

そのため乗り手が受ける空気抵抗を出来る限り軽減するために
サイクルウェアは体にピッタリとフィットするスタイルです。

 

風でバタつくような服装では空気抵抗を強く受けてしまい、
スピードが死んでいきます。
さらに速度を出そうと必死にペダルを回せば回すほど疲れがでるのも早いです。

 

サイトウインポートのサイクルジャージは初心者ロード乗りの財布にやさしい

 

通気性、速乾性、防風、防寒に優れている

 

春、夏用のサイクルウェアは通気性、速乾性に優れ、
秋、冬用のサイクルウェアは防風性、防寒性に優れています。

 

夏場は特にロードバイクで長時間走っていると
涼しい時間帯だったとしても大量に汗をかきます。

 

Tシャツでもポロシャツでも汗は吸収するけど、乾きが悪い。

汗でビチョビチョになっても乾かない服ではそのまま着続けても、
ベタベタして気持ち悪いし、動きづらくてストレスを感じてしまいます。

 

サイクルウェアはメッシュになっていて通気性がよく、
乾きが早いため汗をかいても体を快適に保ちます。

 

サイクルウェアは速乾性に優れているので
その下に吸収性のいいインナーを着ると、さらに快適度が増しますよ。

【ロードバイク】暑い夏のサイクリングにインナーを着る?着ない?

 

背面ポケットが便利

サイクルウェアには背中にポケットが用意されています。

人間は運動し続けるとカロリーを消費します。
そのため走行中にカロリーを摂取できる補給食を持ち運んだり、

背中にポケットが付いています。

 

補給食だけでなく、小さく折りたためるウィンドブレーカーや財布、

携帯電話などを入れておくのにも便利です。(夏場は大量に汗をかくので財布や携帯が濡れないような工夫が必要なときもあります)

 

ズボンや上着の腹部のポケットに物を入れているとペダルを回す脚に、

ポケットの中のものが足に当たって邪魔になるし、

走ってるうちにポケットから物が落ちる危険性もあります。

 

ぼくは上着の腹部のポケットに携帯を入れていて、

走っている時に携帯を落としてしまったことがありました。
気付いて振り返ると携帯が車に轢かれて携帯がはじけ飛ぶ姿を見た経験があります。

 

背面ポケットなら物が落ちるような心配も無く、

前傾姿勢でも上体を起こすことなく、

走行の邪魔をすることもないし物の出し入れも走りながらできます。

 

前傾姿勢で背中が出ないように背面の裾が長い

ロードバイクは前傾姿勢で走行するため、

普通のTシャツなどでは背中が見えてしまいます。

 

その点サイクルウェアは背中側の裾がお腹側より長いので、

背中がちゃんと隠れる設計になっています。

背中が出ているせいで冷えるとか、

みっともない姿になるということはありません。

 

レーパンにはパッドが入っているためお尻が痛くなりにくい

ロードバイクのサドルはペダリングのしやすさ、

姿勢の安定のために硬いです。

 

そのため長時間サドルの上に座っているとお尻がいたくなったり、

前傾姿勢でのるために股間が圧迫されて痛みが出るなどの問題も出てきます。

 

お尻に痛みが出る原因としては、

ロードバイクを始めて間もない時には体幹ができていないこともあって、

サドルにドカッと腰を預けてしまいがち。
レーサーパンツには股の部分にクッション性のあるパッドが付いているため

ロードバイクで走っていて起こるお尻や股間の痛みを軽減できます。

 

まとめ

ロングライドやサイクリングを快適に楽しみたいなら、

サイクルウェアを身につけて走るほうがメリットがあります。

 

しかし、近場の移動手段として乗る場合は、

特に普段着で乗っていてもとくに問題はないですが長距離を走るなら話はべつです。

 

想像してみて下さい。
汗だくになり色が変わったTシャツ、蒸れた状態のズボン、

こんな状態で走っていて楽しいサイクリングができてると思いますか?

 

サイクリングやロングライドは楽しいから走るのであって、

ストレスを感じながら走る必要なんて全くありません。

 

他のスポーツ用の服でも吸汗速乾仕様になっているものはありますが、

背面ポケットが付いていないため、

荷物を持って行くとカバンを余計に持たなくては行けなくなってしまいます。

 

長時間走る時にはなるべく荷物が少ないほうが身軽で楽です。

 

もしモッコリスタイルが気になってコンビニなどに入りづらいなら、

7分丈のジャージを持ち運だりすれば、

ロードバイクから降りた時でも見た目を気にする必要はありません。

 

ロードバイクを快適に楽しめるように先入観にとらわれず、

サイクルウェアを一度試してみてはどうですか?

 

サイトウインポートのサイクルウェアはシンプルなデザインで値段も安めなのでお試しで使って見るのもありだと思います。

 

またwiggleは海外の通販ですが、dnbは割と手の出しやすい価格帯で購入できてデザインもいろいろあるので、「派手なのはあんまりやけど、無地は味気なさすぎるからあんまり」って人は覗いてみてはどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ウエア
-,

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.