ロードバイクを始めとする自転車に関する情報をお届けします。

アイテム

自転車乗りの日焼け対策はこれで決まり!パールイズミのコールドブラックアームカバー

投稿日:2017年4月17日 更新日:

sun

あなたはロードバイクなどの自転車に乗る時の日焼け対策は何かしていますか?

 

これからの季節だんだんと暑くなってきて、お日さんもガンガン自転車乗りを照りつけてくるようになってきます。

 

その太陽が照りだすと問題なのは暑さと日焼け

 

腕を常に太陽にさらしている自転車乗りの日焼け対策としてアームカバーが必須です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

自転車乗りの日焼け対策にアームカバー

夏場の日焼けを気にしないという人もいます。

普段の生活での日焼けならそんなに対策なんかしなくても平気でしょう。

 

ぼくも自転車に乗っていないときは日焼け対策なんかしてません。

 

ただ、ロードバイクに乗ってる時は話が変わってきます。

 

黒々と腕が日焼けしてるほうが「自転車を頑張ってる証拠」「勲章だ」なんて声も聞こえてきそうですが、

 

日焼けは肌がやけどしてる状態なので、日焼けし過ぎはよくありません。

 

「日焼けし過ぎ」=「火傷し過ぎ」となれば、対策しないと大変だなと思いませんか?

 

アームカバーは腕に付けるだけの簡単な対策法なので、使わない手はないですよ。

 

 

パールイズミ コールドブラックアームカバー

 

パールイズミのコールドブラックアームカバーは商品の名前に入ってる通り、

コールドブラックという素材が使われていて、

  • 一般の素材よりもカバーの内部の温度を-4~5℃
  • 直射日光を反射
  • 吸汗速乾

つまり、

  • 着けてるだけで涼しい
  • 日焼け予防
  • 汗を吸ってすぐ乾くからベタベタしない、痒くなったりしにくい

というわけです。

 

色は黒と白の2色です。

 

実際に着けた感じ

 

腕にピッタリとフィットするけど、伸縮性があって動きやすい。

生地がサラサラしてて肌触りもわるくない。

 

でも、初めて着けたときはなんかちょっとフィットしすぎて腕が痒い感じがしました。

 

けどこれは慣れの問題ですかね。

何度か使ってるうちに慣れてきてなんともなくなります。

 

コールドブラックアームカバーはヒジよりも長く脇のあたりまで届きます。

ぼくはこのぐらいまで長さがあるほうがいいです。

 

なんでかって言うと、

短いアームカバーだと半袖ジャージとカバーの間に隙間が肌が出る隙間ができてしまうんですね。

 

その隙間から肌が見えるのがすごく嫌なんです。

そこだけ日焼けしてしまうからという訳じゃなく見栄えがすごく嫌っていうだけなんですけどね。

 

でもこのパールイズミのアームカバーはその心配がありません。

 

 

日が当たる部分はコールドブラック素材で日焼け対策、ヒジ側はメッシュ素材で通気性がよくなっています。

 

本当に涼しいのか

実際付けて走ると何も付けないで走る時よりも涼しいです。

 

日が直接当たってジリジリすることもないので涼しいんですが、その涼しいもやっぱり限度があります。

 

確かに付けてない時よりはジリジリがないからマシなんですが、暑いものはアツい!

 

なので、いつも夏場に走るときはこのアームカバーに水をかけて乗っています。

そうするとかなり涼しいです。

 

夏場はこれができるのとできないのとではかなりの違いがあるので手放せません。

 

 

 

安いアームカバーと比較

このパールイズミのコールドブラックアームカバーを使う前は安いアームカバーを使っていました。(今、Amazonでそのカバー見たら逆に怖いぐらい安くなっててビックリ)

 

そのアームカバーは付けた時にヒジの先ぐらいまでしかなく、しかも付けるために引っ張ると「ブチブチ」と毎回音がする程の不安にな耐久性で、使いものになりませんでした。

 

 

それと比べるとコールドブラックアームカバーは全然違って、やっぱりパールイズミだなと思わせてくれるほどのいいアームカバーです。

 

日焼けは対策は重要

 

日焼けはあまりにヒドイと真っ赤になって水ぶくれができたり、疲労やパフォーマンスの低下に繋がります。

 

肌が敏感な人は余計に注意したほうがいいですよ。

 

サイクリングから帰ってきて肌がヒリヒリして痛すぎるなんてことになると、次の日の仕事や予定にも響きかねませんから。(肌がヒリヒリすると服を着るのも一苦労)

 

まとめ

日焼け対策は自転車乗りが自転車に乗ってる間はぜひやっておいたほうがいい大事な対策です。

 

日焼け止めを塗る方法もあるんですが、

塗るのは正直めんどくさい。

 

強盗のようなカッコではしりたくないなら、

顔は日焼け止めを塗るしかないけど…ね

 

 

アームカバーなら腕につけるだけだから簡単で、

水をかけて使えるのも暑さ対策になるので便利です。

 

夏場は日焼けのほかにも熱中症も問題です。

日焼けと暑さ対策は身につけるものでできるだけ工夫するのが大切ですよ。

 

では、またお会いしましょう。

 

 

 

サイトウインポートのサイクルジャージはロード乗りの財布にやさしくコスパが高い

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アイテム
-, ,

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.