アイテム

初めてのサイクルコンピューター選びには安定のキャットアイのサイコン3選

投稿日:2017年4月16日 更新日:

ロードバイクをさらに楽しめるアイテムの代表がサイクルコンピューターです。

 

ロードバイクはママチャリと違ってスピードが出せるので自分が今どれぐらいの速さで走ってるのか気になると思いますし、自分の力で出せた速度を目視できたら自分のモチベーションにもなりますし、何より楽しいです。

 

そんなサイコンはいろんな会社から販売されてるけど、

結局どんなサイコンを選べばいいのかわからないという人もいると思います。

 

では、何を基準に選べばいいのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

サイクルコンピューターに何を求めるかで選ぶ

 

サイクルコンピューター(サイコン)は種類が豊富でそれぞれ使える機能に差があります。

  • 走行速度
  • 積載距離
  • 消費カロリ―
  • ケイデンス
  • GPS機能

などなど、さまざまな機能があります。

 

初めてのサイコンはその中から自分には

「どんな機能が必要か」「何を求めているのか」で選びます。

 

予算が許すなら機能が豊富なものを選べばいろんな機能を試せますが、

本当にその機能が必要かどうかも考えて選びましょう。

 

多機能かシンプルか

走行速度、走行距離や積載距離など基本的な機能はどのサイコンにはついていますが、

 

それ以外にもケイデンス表示ができたり、心拍数を測ったり、ナビ機能があったりするなど、

機能が必要最低限なシンプルなものから多機能なモデルもあります。

 

 

ケイデンスや心拍計などの機能は予算が許すならあると嬉しいですが、

ムリして買わなくてもシンプルに時速や積載距離といった基本的な機能のサイコンでも

ロードバイクを楽しむことはできます。

 

スマホ連携など自分の走行ログをスマホンアプリと連携したりして楽しみたいガジェット好きにはガーミンなどの高機能モデルのサイコンが選択肢に入ってきます。

そのかわり充電が1日持たないこともあるのでモバイルバッテリーも必要になることもある。

 

予算で決める

機能が充実すれば、値段が高くなります。

低価格帯のモデルなら2000円からハイエンドモデルで機能が豊富で充実してるモデルなら8万円ぐらいするモデルまで種類は数多くあります。

 

基本機能だけのシンプルなサイコンでよければ、

その分コストを抑えられます。

 

機能がたくさんあるのは「いいなぁ」「ほしいなぁ」と物欲を高めるんですが、

高額な高機能サイコンを無理して手に入れる必要性はあまり感じません。

 

あなたがサイコンに求める必要最低限の機能のサイクルコンピューターを選んで、

他のアイテムに予算を回すこともできますしね。

 

予算に余裕がある人は気にせずに高機能サイコンでロードバイクを楽しんで下さい。

 

ワイヤレスかどうか

サイコンには有線タイプと無線タイプの2種類があります。

 

どっちを選ぶかは自由ですが、サイコンは絶対にワイヤレスにするべきです。

 

ってそんなことぼくが言わなくてもだいたいの人がワイヤレスを選ぶと思いますが、

 

ワイヤレスがいい理由は

  • つけるのが楽
  • 線がないから断線の心配がない
  • 見た目がスッキリしてる

有線はシフトまたはブレーキワイヤーに巻きつけなければ行けませんが、

無線ならそんなめんどくさいことしなくても簡単に取り付けられるので楽。

 

それに有線は断線してしまえば、動かなくなりますしね。

 

何よりワイヤレスのほうが見た目がスッキリします。

 

例えば、白のロードバイクに乗っていてアウターワイヤーも白にしてるのに、

黒いサイコンの線がグルグル巻きになってると見た目もイマイチです。

 

最初はCATEYEのサイコンがおすすめ

初めてのサイクルコンピューターには安定のCATEYE(キャットアイ)がおすすめ。

 

機能がたくさん詰まっている高級サイコンのGarmin(ガーミン)もありますが、

CATEYEは基本的な機能、そしてケイデンスや心拍数が測れるものまでラインナップもたくさんあり、

手が出しやすい価格で買えるので、最初はガーミンよりもCATEYEから選ぶのをオススメします。

 

ボタン電池式C-2032で動作するものがほとんどで、電池持ちもいい。

 

 

おすすめ①ベロワイヤレス

必要最低限の機能に加えてバックライトも付いているので、

暗い夜でも表示されてるデータを確認することができます。

 

消費カロリー(目安)も見られるので、

ダイエットをしてる人にとってはモチベーションの維持になりますね。

 

ケイデンスなどは測れない必要最低限の機能だけを搭載したモデルなので値段も安めです。

おすすめ② ストラーダ デジタルワイヤレス ケイデンスセット

ケイデンス(一分間にペダルを何回転させたか)が気になるという人はこれ。

 

ケイデンスを一定に保つことはペダリングにおいても大事なことなので予算が許すならこのモデルがおすすめです。

 

コンパクトなサイズで人によっては画面の表示が小さいと感じる人もいるかもしれませんが、ケイデンスを測れるサイコンとしては十分なモデルではないでしょうか。

 

 

ストラーダ デジタルワイヤレス ケイデンス+心拍センサー

 

トレーニングのためにロードバイクを始める人には心拍も測れるモデルがおすすめです。

普通にロードバイクでサイクリングを楽しむ人にはとくに心拍計はなくてもいい機能ではあります。

 

 

 

キャットアイ(CAT EYE) パドローネ スマート [CC-PA500B]

各種センサーとの通信はブルートゥースで行われ、ケイデンスや速度が本体に表示される。

走行履歴などのログを残したいならスマホのアプリと連携させてたり、スマホのGPSを利用して速度を測ったりできる。

 

ガジェット好きでログも残したいって人におすすめのサイコンです。

 

でもスマホ連携について動作推奨されてないスマホとは上手く連携できないこともあるかもしれません。

アイフォンであればどの機種でも動作確認済みの様です。⇒推奨機種

 

 

番外編:suaoki サイクルコンピューター

 

 

キャットアイではないですがとにかく安くていろいろ機能がほしいって人はこのサイコンはどうでしょうか。

3000円でケイデンス。消費カロリーまで測れるコスパは高いサイコン。

防水性がないので雨の時は要注意です。

バックライトはかなり暗め。

まとめ

サイコンは機能が充実すればするほど値段も高くなります。

 

  • 走行速度
  • 走行距離
  • 積載距離

などの最低限の機能が付いてるシンプルなサイコンでも表示できる情報は少ないけど、

十分ロードバイクを楽しむことができます。

 

ただ、ガーミンなら基本的に必要な機能はそろってますし、ナビ機能など使うか分からないけど「最初から高機能モデルが欲しい」「所有欲を先ずは満たしたい」ならガーミンを選ぶといいと思います。

 

でも、機能が多すぎても使わない機能ばかりで買っても結局お金がもったいないと思うならキャットアイのミドルクラスあたりのモデルを視野に入れるといいと思います。

ケイデンスが測れればのんびりポタリングからちょっと頑張ってトレーニングまでできるようになります。

 

そこはもうあなたの懐具合と相談ですね。

 

 

あなたがサイコンに求める機能は何かを考えて選びたいですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アイテム
-, ,

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.