メンテナンス

ロードバイクのペダルの外し方と外れないときの対処方

投稿日:2017年10月1日 更新日:

 

ロードバイクに乗り慣れてきたら

フラットペダルをビンディングペダルに交換してみませんか?

 

ペダルの交換はやり方さえ覚えれば、

自転車屋に行かなくても自分でできるカスタマイズです。

 

しょっちゅうやる作業じゃないから固着して簡単に外れなかったり、

うっかり忘れてネジを回す方向を間違えると外すのに苦労するので気を付けてください。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ペダルの外し方と取り付け方

ペダルに使われているネジは右ペダルは正ネジですが、

左のペダルは逆ネジが使われています。

 

なので、うっかり左ペダルを正ネジと同じように外そうとすると余計に締めてしまうことになり、ネジを緩めるのが大変になってしまうので気を付けてください。

 

ペダルの外し方の簡単な覚え方

正ネジ逆ネジっていう覚え方は正直言ってわすれやすいです。

 

うっかり間違えて逆ネジを締め付けてしまわないように

ペダルを外すときには

 

「進行方向と反対にネジを緩める」

と覚えてください。

 

ペダルを外すために必要な工具

 

ペダルを外すには15mmのレンチでもできないことはないですが、

ちゃんとした専用工具を使うことをおすすめします。

 

ペダルの種類によってはアーレンキーを使っての取り外しも可能ですが、

六角レンチでは短いのでそのままの長さでは力をかけづらい。

 

ホーザンのペダルレンチなら長さも頑丈さもあるので、

テコの力と自分の体重を掛けて外しやすいです。

 

自分でロードバイクをメンテナンスするために揃えておきたい工具

 

外し方の手順とポイント

  1. クランクを進行方向に向ける
  2. 後輪側からペダルレンチを噛ませる
  3. ペダルレンチの端を持って上から下に力をかける

その1.

クランクを2時から4時の位置に持ってきておくと

工具に力を入れたときに空回りすることがなく外しやすい。

 

ただし、タイヤが接地してないと空回りするので、

メンテスタンドを使うときは、

ネジを緩めるときには壁に立て掛けるかして緩んでから立たせるようにしましょう。

(サイドスタンドをつけてるならそれで自立させてできます)

 

その2.

ペダルレンチは後輪側から噛ませます。

 

噛ませる角度はネジの向き方で若干変わってしまいますが、

レンチの角度はなるべく大きくならないようにすると力がかけやすいです。

その3.

工具で力をかけるときには、

レンチの端の方を持って手の力だけじゃなくて、

上からテコの力と自分の体重を使うようにすると、

一気に力が入るので外しやすい。

 

ネジが緩んで、タイヤを地面から浮いた状態に出来るなら、

そのままレンチを噛ませたままか、

指でネジをつまんだまま、

進行方向にクランクを回せば簡単にペダルがはずせますよ。

 

 

ペダルの取り外しの注意点

 

ペダルを外すとき

ペダルのネジが緩まるときは、

一気に緩むから勢い余ってチェーンリングに手をぶつけないように念のため気を付けてください。

 

ペダルレンチを使う場合はぶつけることはほぼないとは思いますが、

アーレンキーを使って外すときには起こり得るので、

不安な人はタオルなどをかけておくといいです。

 

ペダルを取り付けるとき

ペダルを取り付けるときは、

外したときと逆のことをすればいいだけなので、

難しいことはないですが、

 

ペダルのネジ山にグリスをつけてからネジ穴に入れることと、

最後はしっかりと体重を使って締め込むことを忘れないでくださいね。

 

ペダルが外れないときの3つの対処方

ペダルを外してみると固着してしまって、

どうしても緩まないときがあります。

 

自分の力だけでペダルが外れないときには、

次のことを試してみてください。

 

クレ5-56を吹きかける

まずは固着してるネジ穴に油分を与えて滑りをよくしてみましょう。

 

固着して外れないネジには、

まずクレ5-56を吹きかけてトライしてください。

 

ゴムハンマーでペダルレンチを叩く

ペダルレンチの端をゴムハンでガンガン叩いてみてください。

 

ゴムハンマーは金槌じゃなければ、

100均でもなんでもいいですよ。

 

ペダルレンチを踏む

ゴムハンで外れなかったときは、

最終手段としてペダルレンチの上に乗って全体重をかけて外します。

 

壁にロードバイクを立て掛けて、クランクは下側にして、

前輪側の足でペダルにのる。

そして、後輪側に近い方の足をペダルレンチにかけて乗ります。

 

ゴムハンで叩けば固着してるネジでも大抵の場合は緩まるんですが、

それでもペダルが外れないときは試してください。

 

まとめ

ペダルを外すときは逆に締め付けてしまわないように、

クランクの位置とペダルレンチを後輪側から噛ませることを覚えておいてください。

 

ペダルが固着して外れないときには5-56を吹きつけてからペダルレンチに瞬発的に強い力を加えてやると外れやすいので諦めずに挑戦しましょう。

 

あと、ペダルを外すのに使う工具は15mmスパナやアーレンキーを使うよりも、

ちゃんとしたペダルレンチを使うことをオススメします。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-メンテナンス
-,

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.