ロードバイクを始めとする自転車に関する情報をお届けします。

クロスバイク メンテナンス ロードバイク

クイックリリースハブの正しい取り扱い方

投稿日:2019年2月19日 更新日:

 

クイックリリースハブがクロスバイクやロードバイク普及しているので利用者も増えてきています。

 

簡単に外せるからと言って外すことは簡単でも適当に取り付けて調整したまま乗っていたり、

自分ではあまりしっかり調整できないまま乗ってしまい事故が起きるということも実際にあります。

 

クイックリリースは便利やけど正しく取り扱わないと危険なこともあるので、今回は正しいクイックリリースハブの取り扱い方をお伝えします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

クイックリリースの基本的な取り扱い

クイックリリースはレバーを固定することによって取り付けられています。

その固定が甘いと走行中にホイールが外れたら大事故になりかねません。

 

クイックリリースの固定方法

  1. レバーを水平にします。
  2. 反対側の調整ナットを指で締まるところまで締めます。
  3. レバーを掌でフレーム側まで倒して固定できればOKです。
  4. 硬すぎてレバーが倒れないときには調整ナットを4分の1程緩めて倒れせるか調整
  5. レバーが軽すぎるときにはナットを締めて調整

クイックリリースが正しく取り付いているか

  • レバー倒したときに一番硬いところを超えて取り付いているか
  • フレームに沿ってレバーが倒されているか
  • 倒す向きを間違えていないか

レバーを倒す向きを間違えている場合には「オープン」と書かれているほうが見えています。

正しいほうにとされていれば「オープン」は見えません。

 

 

ホイールを外す

クイックリリースを外す

カムレバーを開いて調整ナットのほうを緩めて外す。

 

レバーのほうが回しやすいからとレバーのほうをぐるぐると回してしまうと部品の損傷につながるのでこの外し方はしないでくださいね。

クイックリリースレバーが固くて外せないときはタイヤレバーをつかう

フレームに沿わせてレバーを固定したのはいいけど、今度はレバーが固くて外せないってときには、タイヤレバーを差し込んで上げれば外しやすくなります。

また指が入らないときにもタイヤレバーを使うのが有効ですよ。

 

まとめ

クイックリリースはホイールの脱着が簡単にできて便利ですが、取る付け方を間違うと非常に危険です。

 

子どもさんが使うときには正しい取り付け方を説明して、確実に取り付けないと危険だということも買い与える側としても購入する前そして購入してからも伝える必要があります。

 

正しい取り付け方を身に着ければ、輪行やメンテナンスにも便利なことは間違いないです。

 

しっかり固定できているかを取り付け方が間違っていないかを確認して楽しく自転車に乗りたいですね。

 

ではまた。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-クロスバイク, メンテナンス, ロードバイク

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.