自転車通勤

相手のためにも自分のためにも自転車に乗るなら保険に加入すべき

投稿日:2018年1月16日 更新日:

photo credit: gerrypopplestone Copping it from the coppers via photopin (license)

自転車は身近な乗り物としてほとんどの人が利用していて、さらにはロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車もよく見かけますね。

 

そんな身近な自転車でも交通事故は発生し、あなたは被害者にも加害者にもなり得る恐れがあるんもで、ロードバイクじゃなくてママチャリに乗っていようとも今の時代は「自転車保険」に入っておくべきだと言えます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

あとで後悔しないためにも入っておくべき保険

自転車事故はどれだけ自分が気を付けていても起こりますし、また自分は交通ルールを守ってると独りよがりになってしまっても起き得ます。

 

ミスは誰にでもあるもの100%完璧なんてことはありえません。

みながみな交通ルールを守っていてもちょっとしたことで事故は起こってしまうものです。

 

なのでもし事故ってしまったときに自転車保険に入ってないと後悔することになりますよ。

 

自転車保険とは

傷害保険と個人賠償責任保険の2つががセットになったものが自転車保険です。

 

  • 傷害保険は自分ケガをしたときの治療費などに備える保険
  • 個人賠償責任保険は相手の身体にケガを負わせたり、物を壊したりしたときの損害賠償に備える保険

のことで、いろいろある自転車保険の中から加入するときに見るポイントは、

  1. 個人さらには家族も保障するプランがあるか
  2. 死亡、後遺障害に対する補償があるかどうか
  3. 補償額は最低でも1億円以上
  4. 示談交渉サービスがあるかです。
  5. 通院手当が出る

 

なぜ保険に入るべきなのか

事故が起きたらお金が必要になる

事故が起きたらお金が必要になります。

 

  • 相手がケガをしたり物損したときの賠償金
  • 自分の治療費

 

交通事故で受けたケガは見た目はわからなくても、治るまではかなり時間がかかるものです。

治療費だってかなりかかってきます。

 

自転車保険のなかにも通院費が出るプランもあるので、もしそれには入れば自分のケガで通院する必要があるときにはありがたいですね。

 

もし自転車保険に入ってないと全部自分の財布から全てまかなう必要があります。

 

なので

  • 個人生活賠償責任保険
  • 入院、手術保険
  • 死亡保険、後遺障害保険

といった保障がしっかりしてる自転車保険を選びたいですね。

 

 

自分が加害者になってしまったときの賠償額

自分が車にひかれることもあれば、自分が歩行者や自転車、車などにぶつかり大けがや物損してしまったりすることもあります。

 

自転車事故のあるケースでは賠償額が1億円近く請求されたこともあり、自転車やから大丈夫と思ってたら損害賠償の金額は相手のケガの状況などによってはとんでもない額になることだってあります。

 

なので保険を選ぶときには賠償保険金がどれぐらい支払われるかが大事なところ。

最低でも1億円以上は保障が欲しいですね。

 

最悪自己破産せざるおえなくなることもある

もしあなたが事故をおこした加害者になってしまったときに、賠償請求が1億円だった場合、通帳から1億円すぐに出せますか?

 

1億円なんて普通の家庭では簡単にすぐ用意できる金額じゃないはず。

仮に1億円じゃなかったとして5000万でも3000万でも難しいと思います。

 

もし払えない場合は最悪自己破産になるケースも考えられます。

 

相手が大けがをして高額賠償請求されたのは自分のせいだとしても、自己破産で家が無くなるのは絶対に嫌だと思いませんか?

 

示談交渉サービスがあると安心

自転車事故が起きたら相手と自分とで話し合いによる示談で解決しますが、自分で解決しようと思うとかなりの労力と時間が必要になってきます。

 

なので代わりに保険会社が示談に向けた交渉をするサービスが

示談交渉サービスです。

 

事故にあって身体を傷めたら自分で示談交渉なんてやってられないし、そのためにいちいち調べたりして勉強するのはかなりの手間ですよね。

 

ぼくも事故にあったときは痛みであるけないほどでした。

そんななか示談交渉のことなんて考えてられません。

 

知識が無い人が示談交渉するのは大変なことなので、ここはプロにまかしておくほうが安心です。

 

 

保険料はそんなに高くない

自転車保険は月額換算にすればそれほど高額な値段じゃありませんが、それでもあまりに高額なプランだと加入するのは気が引けると思います。

 

独身で自分のためだけなら個人用のプラン、家族がいるなら家族の分もまとめて加入できるプランなど加入コースによっても予算は変わってくるので現状必要なプランを検討してください。

 

 

だいたいの自転車保険は月換算にすると300から600円ぐらいになってます。

これぐらいの値段なら事故のリスクを考えると加入してもそれほどの負担はないのではと思います。

 

まとめ

自転車でも事故が起こるリスクはあります。

自転車乗るだけのために「わざわざ保険なんて」思うかもしれませんが、事故しなかったから保険は必要なかったと考えるのはあくまで結果論なだけで、もしかしたらのために自転車保険には入っておくべきです。

 

ただ自転車保険は必ず自転車のための保険に入らないとアカンってわけじゃありません。

他の保険に入っていれば、自転車保険に入らんくてもいい場合もあります。

 

なので、今自分がどの保険に入っているか、それでも自転車向け保険に入る必要があれば加入しておくほうがベターですよ。

 

ではまたお会いしましょうヾ( ̄◇ ̄)ノ))

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-自転車通勤
-

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.