アイテム

ロードバイクに乗るなら必須のヘルメットの選び方

投稿日:2017年3月19日 更新日:

 

ロードバイクは自分が思っているよりも簡単にスピードが出てしまうものです。

 

そんな簡単にスピードが出るロードバイクはケガや死亡の危険性もある趣味です。

ケガは治るとしても死んでしまってはどうしようもありません。

 

死亡リスクを減らすためにもヘルメットは必需品です。

⇒ロードバイクで走る時のヘルメットが必要な理由

 

ヘルメットを被ったほうがいいのはわかってはいるけど、

どう選べばいいかわからないという人に向けて、

 

今回はヘルメットの選び方についてお伝えします。

自分にあったサイズで気に入ったヘルメットを選ぶ

 

ヘルメットは自分の頭に合ったサイズのヘルメットを被らないと被っている意味がありません。

 

ヘルメットが小さいと頭部を締め付けてあなたを苦しめる存在になりますし、

ブカブカで大きすぎると頭からヘルメットがすっぽ抜けて

肝心な時に衝撃から頭を守ることができません。

 

ヘルメットのビジュアルがカッコいいから「このヘルメットに決めた!!」というのは間違ってはいないんですが、ヘルメットのサイズもあなたに合ったものを選ぶ必要もあります。

 

頭の形に合ったものを選ぶ

ヘルメットは頭に被るものですから当然あなたの頭にあったモノを選ばないとダメです。

自分の頭にあっていないヘルメットは走行中ただのストレッサーと化し、あなたの頭を守ることのない飾りになってしまいますよ。

 

日本人はハチの部分(ハチマキを巻くところ)が出っぱっていたり、

後頭部が絶壁の人も多いため、S、M、Lのサイズ表記だけで

一概にあなたの頭に合うかどうかは判断できません。

 

ヘルメットを試着する

専門店にはヘルメットが陳列されています。その店で買うか買わないかは別として、とりあえず自分の頭に合うかどうか被ってみましょう。

 

試着する時はロードバイクで走っている状況と同じ被り方をするようにしよう。

 

試着する時の注意点

試着する時に気をつけたいポイントを見ていきます。

 

ただしい被り方で試着する

試着する時はまゆ毛の上、おでこが隠れるように水平に被るようにして、

ヘルメットの前後を間違えないように注意しましょう。

 

水平に被れたら後頭部のダイアルを回して頭にフィットさせます。

ヘルメットを左右にゆすってみてグラグラしなければ頭にフィットしています。

 

ストラップも締めてみて、ストラップが緩すぎるとヘルメットが脱げてしまう恐れがあるので、

ストラップの長さを調整しあごとストラップの留め具の隙間が指2本分ぐらいならOKです。

 

髪形を崩したくないからと言って頭にちょこんと乗せる被り方もNGです。

 

ヘルメットの金額の差

ヘルメットの金額はだいたい1万~3万円ぐらいの価格帯で一般的です。

金額に差はあるけど、値段が高いヘルメットのほうがぞの分安全性が高いというわけじゃありません。

 

 

上位グレードのヘルメットになるほど、

  • 通気のための穴が多く通気性が高い
  • エアロ構造による空気抵抗の軽減
  • 軽量で頭部への負担を減り疲れにくい

 

ヘルメットの性能が高さが金額の差になっています。

 

ヘルメットの寿命

ヘルメットの寿命は何事もなく使っていたとしてもだいたい2,3年と言われています。

ですが、寿命は日にあたったり、雨にぬれたりと使用状態によっても変わってきます。

 

また、自転車のヘルメットは発泡スチロールで出来ているため、

どこかに落としたり、ぶつけたりすると、

表面上に変化が見られなくても発泡スチロールの中にはヒビが入っていることがあります。

 

ヘルメットが衝撃を受けた時に

発泡スチロールが「グシャッ」と潰れることで衝撃を吸収するんですが、

ヘルメットの外でも内でもヒビが入っていると

「パカッ」と割れてしまい衝撃を吸収することができません。

 

アクシデントが起こった時に発泡スチロールが衝撃を吸収できなくなりますよ。

 

中古のヘルメットには手をださない

リサイクルショップやメルカリとかヤフオクなどで、

自転車のヘルメットが売られてることがあるんですよね。

 

でも、ヘルメットの中古はやめておきましょう。

上でも言ったように、表面上は特に変わった様子はなくても、

中の発泡スチロールにはヒビが入っていたり、ヘルメットの寿命が過ぎているかもしれません。

 

 

 

ヘルメットの劣化は見て判断しづらいんですね。

なので、実際に被った時に不安要素のあるヘルメットは被らずに、

新しい安心して使えるヘルメットを被って走りに出かけましょう。

 

まとめ

ロードバイクに乗る時にはヘルメットは必須です。

ヘルメットを選ぶ時にデザインで決めることは間違いじゃない、

お気に入りのロードバイクとマッチするデザインのヘルメットでオシャレを楽しむのも大事です。

 

ですが、デザインだけで選んでサイズのことを度外視すれば、

頭につけてる飾りになってしまいます。

 

ヘルメットが大きすぎたり、逆に小さすぎたりすれば

それを被ってロードバイクで走りにいってもヘルメットはただのストレスのもとでしかなく、

さらにはあなたの頭を守ってくれることもないでしょう。

 

安全安心のためにも、ヘルメットを一度試着してサイズの確認をしてから買うのがベストですよ。

 

あとヘルメットは安全性を考慮して中古じゃなくて、

新品のヘルメットを買うようにしてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アイテム
-

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.