ロードバイクを始めとする自転車に関する情報をお届けします。

ダイエット

【ロードバイク】機材の軽量化よりも先ずは自分の軽量化

投稿日:2017年8月8日 更新日:

ロードバイクを楽しむ人のなかには軽さをひたすら求めて、

機材の軽量化に励むサイクリストもいます。

 

車体の重量は軽いほうがヒルクライムには、

できるだけ軽い自転車ほうが有利です。

 

軽量マニアでもない限りは、機材の軽量化をもくろむよりも

まず先に自分の軽量化を図るほうがはるかにメリットがあるとぼくは思っています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

機材の重量は変化しなくてもサイクリストの体重は変化する

機材の軽量化をすることは決して間違いじゃない。

無駄を全て省くスタイリッシュなカッコよさがロードバイクの良さでもあります。

 

ロードバイクの軽量化のために大金を払ってパーツやネジを交換しても

自分の体重がその分増えたら、お金を払っただけ損した気分にもなる。

 

機材の重さは変化しませんが、ロード乗りの体重は変わります。

 

機材の軽量化をするのは、

自分の体の無駄な部分をそぎ落としてからでも遅くないです。

 

数十グラムの軽量化に何万とお金を使うぐらいなら、

ロードバイクに乗ってダイエットするほうが、

大きく軽くなるし、財布にもやさしいですね。

 

自分の体を軽量化するとカッコよくなれる

どれだけ軽くて、カッコいいロードバイクに乗っていても、

サイクルウェアのシルエットがイマイチだと、

やっぱりカッコよさも半減です。

 

ロードバイクがスタイリッシュなら、

乗り手もそれに負けないぐらいのシュッとしたシルエットのほうがカッコいいですよね。

 

自転車に乗っていないときでも、

やっぱりシュッとしてるほうが印象もいいという人もいますし、

自分の体を軽量化して損する事なんてないです。

 

健康にもいいしね。

食事もしっかり摂って筋肉よりも脂肪を落とす

筋肉は代謝をあげるためにも鍛えたいですが、ゴリゴリに筋肉をつけすぎると体重が増えるので、

ヒルクライムをメインにしてる人は注意です。

 

見た目は筋肉が付いてるほうがシュッとしてるので細く見えるんですが、

体重を落とすのが目的ならまずは有酸素運動で余分な脂肪を落とすほうを優先してみてください。

 

筋肉は自転車に乗ってるだけでも刺激されるので、

筋トレしないからって筋肉が無くなるってことはないです。

 

でも、体重を落とすために食事を抜くようなことをしていたら、

エネルギーを筋肉からとってきて筋肉が減ってしまうので、

食事をとることも大事ですよ。

 

 

機材の軽量化にはメチャお金がかかる

機材を軽くしようとするとどうしてもお金がかかります。

けっして値段のやすい買い物ではありません。

 

懐にたっぷり余裕がある人は、バンバン機材に投資すればいいけど

いくら趣味とは言え、

なかなかそういうわけにはいかない人も少なくないと思う。

 

お金をかけて上級コンポにすれば速く走れるかというと、

コンポを換えたぐらいでは速くなったりしません。

 

コンポを換えたぐらいじゃ軽さを実感するのは難しいです。(ホイールはいいのを使えば走りの軽さを実感しやすいカスタム)

 

 

軽量化のために無理してお金を使わなくても、

お金をかけない軽量化にまずは挑戦してみましょう。

 

軽量化しながらエンジンを鍛えよう。

 

 

お金の力を使って軽量化するのは最終手段でいいんじゃないかな。

 

まとめ

ロードバイクの楽しみ方は人ぞれぞれなので、

機材の軽量化に励むことは決して否定されるものではありません。

 

でも、機材をあちこち軽量化しなくても、

ロードバイク自体は10キロもなく十分軽いので、

 

確実に軽量化に効果があるのは自分の体重を減らすことです。

 

 

過剰にカロリーを摂取しない限りは、

ロードバイクを楽しんで乗ってるだけで、

キロ単位で軽量化できるますしコストもかかりませんよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエット
-

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.