ロードバイクを始めとする自転車に関する情報をお届けします。

アイテム ビンディング 選び方

ビンディングペダルおすすめ4大ブランドと初めてのビンディング選び

投稿日:2017年6月17日 更新日:

 

ロードバイクを手に入れて最初はスニーカーとフラットペダルでじゅうぶんだと思っていても、

周りのサイクリストがビンディングを使っているのを見ると

あなたもビンディングペダルにステップアップしたいくないですか?

 

 

ビンディングペダルにはいろんなブランドがあるけど、

「どのビンディングペダルを選んでいいかな?」

と言った悩みもでてくるかと思います。

 

今回はビンディングペダルの4大ブランドと選び方についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ビンディングペダル4大ブランド

ビンディングペダルにはどんなブランドがあるの?

今主流になっている4大ブランド

  • SHIMANO
  • LOOK
  • TIME
  • SPEEDPLAY

について紹介します。

SHIMANO(シマノ)

ガチッとした安定感のある踏み心地で耐久性も高い定番ブランドのSHIMANO。

比較的リーズナブルで入手しやすく、

踏み面が広く安定したペダリングができるのも魅力です。

 

シマノはロード用のSPD-SLとMTB用のSPDの2種類のビンディングがあります。

クリートは3種類から選べて、それぞれ遊び(フロート角)が違う。

 

シマノ SPD-SLはこちら

LOOK(ルック)

着脱がしやすくビンディングデビューにも向いているビンディングペダルの元祖。

固定力が固すぎないのでビンディング初心者や女性でも扱いやすいです。

 

シマノ同様クリートは3種類あり、それぞれ遊びの角度が違う。

 

ルックのビンディングペダルはこちら

TIME(タイム)

左右に遊びを設けることで、ヒザにかかる負担が少ない。

クリートは減りやすいけど、クリートの固定力に影響しない特殊な構造をしています。

 

シマノやルックと比べて軽い力でクリートをはめることができる。

 

タイムのビンディングペダルはこちら

 

SPEEDPLAY(スピードプレイ)

SHIMNO、LOOK、TIMEと違ってスピードプレイはクリート側にキャッチ機能が備わっているのが最大の特徴。

小型のボディはコーナーでロードバイクを傾けても、ペダルが地面にあたらない。

 

ほかのブランドとは異なる構造なので脱着に慣れが必要だが、シューズでペダルをつかむ感じに慣れてくれば、クセになり他のブランドには変えられほどの使用感。

 

値段はお高めです。

 

初めてのビンディングペダル選びのポイント

ロードバイク用のビンディングペダルデビュー時のペダルの選び方のポイントは

  • ロードバイクの用途によって選ぶ
  • 価格や扱いやすさをメインに選ぶ

 

レースが目的でロードバイクを始めたならいきなりグレードの高いペダルを選ぶのもOK。

初めてだからクリートの脱着に不安があるというなら

ビギナー向けの脱着しやすいペダルを選んでもいい。

 

でも、実際ビンディングを使って思うのは、

外しやすい外しにくいは結局慣れの部分が大半を占めてるので、

予算が許すならグレードは高いほうがいいと思います。

 

安いやつを買ってもそのうちもっといいやつがほしくなるしね。

 

初めてのビンディングペダルなら安定のSHIMANO

初めてのビンディングには

  • 消耗品のクリートの価格
  • 安定感のある踏み心地
  • ペダル自体もリーズナブル

などの点からSHIMANOのSPD-SLがオススメです。

 

脱着に不安があるなら

 

 

ビンディングが初めてで脱着に不安があるならシマノ PD-R540-LA

価格もリーズナブルでスプリングテンションも低くい初心者でも脱着しやすいモデルです。

 

ぼく的にはどうしてもこの安っぽい見た目はどうしても気になる。

 

エントリーモデルの安っぽさが気になるなら

 

エントリーモデルの安っぽさが気になるならシマノ ペダル SPD-SL ブラック PD-R550L

105のビンディングペダルと変わらない見た目の樹脂製のボディでPD-R540-LAよりも軽量。

踏み面も幅広です。

こっちのペダルのほうが形は105の見た目と遜色ない。

 

レース目的なら

あなたが「レースに参戦しよう」「最初からいいやつが欲しい」と

考えているなら105のビンディングペダルで決まり。

 

上の2つと比べたら値段は一気に高くなりますが、エントリーモデルから始めても

すぐに105に変えるぐらいなら

いきなりグレードの高い105を選ぶほうがコスト的にもお得です。

性能も当然105のほうがいいのは言うまでもないですよね。

 

まとめ

ビンディングペダルはさまざまブランドが提供していて、

種類もたくさんで見た目もそれぞれ個性があります。

 

あなたの気に行ったペダルを探してみるといいです。

 

初めてのビンディングペダル探しに迷ったなら

シマノのSPD-SLにしておけばまず問題なし。

 

あなたがそのうちグレードの高いビンディングペダルにしようと思ってるとしたら、

脱着は結局慣れなので予算が許すなら

いきなりグレードの高いペダルを選択肢に入れるのもありですね。

 

 

あなたのシーンや予算に合せて、ベストなペダルを選びましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アイテム, ビンディング, 選び方
-,

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.