ロードバイク

筋トレの必須アイテム。リストラップは手首を守り、筋トレの質を上げる。

投稿日:

 

ウエイトトレーニングで欠かせないアイテムのリストラップ。

 

ジムに通ってなくても筋トレ動画などで

手首にバンドみたいなものをグルグルと巻いているのを見かけたことはありませんか?

リストラップは手首を固定することでケガの予防。筋トレの質の向上に役立ちますよ。

 

リストラップは必須

リストラップは手首に長めのバンドを巻くことで手首を固定するサポーターの役割をします。

ウエイトトレーニングを行うならリストラップは必須のアイテムです。

 

なぜかというと

  1. ケガの予防
  2. フォームを安定させるため
  3. 筋トレ感が増す

ダンベルプレスやショルダープレスなどのプレス系のトレーニングはもちろんですが、

アームカールなどのトレーニングにも僕はリストラップを付けています。

 

ぼくはアームカール(二頭筋の筋トレ)をするときに手首が反って、

痛みもあってツラかったんですが、

リストラップを取り入れたことでフォームが安定し、

力がしっかり籠められるのでトレーニングが捗っています。

 

リストラップの効果

 

手首を固めることでケガを予防する

リストラップで手首を固定することで手首にかかる負担を軽減します。

筋トレを続けていけば扱う重量も増えていき、手首への負担の増えていきます。

 

高重量を扱うプレス系はもちろんですが、

プレス系以外の種目を行うときにもリストラップは手首の反りやブレを抑えるので、

巻いておくとケガの予防になります。

 

フォームが安定するから筋トレの質が上がる

手首が固定されているため、重さで手首が反ることがない。

手首が反った状態よりも手首を内側でグッと握っている状態のほうが力は入ります。

 

力がしっかり入る状態のほうがフォームが安定する。

すると高重量のウエイトも扱えるため筋トレの質が向上します。

 

 

筋トレやってます感が増す

リストラップはアームカールをやるときに手首が痛くて

痛みを軽減するために取り入れました。

 

目的とは違いますが、ちょっとしたアイテムを身に着けると

筋トレやってます感が出てきます。

 

初めて使うギアなどはモチベーションを上げてくれることにもなります。

 

自己満でいいんです。

 

まとめ

リストラップはウエイトトレーニングに必須のアイテムです。

 

手首をケガ予防。手首が固定されるのでフォームが安定する。

ということをお伝えさせてもらいました。

 

 

ケガをすると筋トレを続けられない状態が一番面白くない。

筋トレは少しずつでも継続することが大事といいますので、

ケガ無く楽しく取り組んでいきましょう。

 

ではまた。

 

 

ダンベル買うなら何キロの重さにするべきか。10キロ?20キロ?30キロ?

  ダンベルで筋トレを始めようかなと思ってもいったい何キロのダンベルを買えばいいのかで悩んでませんか?   ぼくも悩みました。 結局ぼくは片方15キロで合計30キロのダンベルを買っ ...

続きを見る

ダンベルで筋トレするならフラットベンチも迷わず買うべし。ベンチ使わないと損するよ。

  せっかくダンベルで筋トレするならもっと負荷をあげたりトレーニング種目を増やしたいと思いませんか?   ダンベルは持ってるけど、まだベンチは持ってないのであればフラットベンチを導 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ロードバイク

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.