メンテナンス

自転車(スポーツバイク)のチェーン交換方法。ミッシングリンク編

投稿日:2021年11月27日 更新日:

ロードバイクのチェーンは消耗品のパーツです。

チェーンはだんだん摩耗して伸びてきます。

 

あなたのチェーンはどうですか?

 

チェーンの交換時期はだいたい3000~4000キロが目安。

チェーンの使用状態にも依りますが、普段走っている距離を計算して、

結構走ってるなと感じたら交換してしまいましょう。

 

今回はロードバイクのチェーン交換をしていきまして、

接続方法はミッシングリンクを使用していきます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ロードバイクのチェーン交換しよう

今回はこの汚くなって伸びているロードバイクのチェーンを交換していきます。

チェーンリングからチェーンを引っ張ってチェーンの伸びを確認したりできますが、

走った距離をだいたいで計算して距離をけっこう走ってるなら細かいことは考えずに交換します。

 

ミッシングリンクを外す

 

 

接続しているミッシングリンクをチェーンの下段側に持ってきて外します。

 

ぼくは手で外しちゃいましたけど、専用工具やプライヤーなどで外して接続を解除してね。

 

チェーンを切って長さを調整する

 

 

外したら新旧チェーンを並べます。

チェーンの端の形状を合わせて上下に並べます。

 

チェーンの端を合わせて並べたけど、チェーンが伸びて駒の位置が揃ってないのがわかりますよね。

 

チェーンのコマ数を合わせたら

新しいほうのチェーンのほうが長いので、チェーンカッターでチェーンを切ります。

 

このときに注意したのがチェーンを切る位置。コマ数を同じにして、

チェーンカッターを当てるピンの位置を間違えないように気をつけましょう。

 

ピンを一度抜き切ってしまうと再度取り付けることができませんからね。

 

チェーンは受ける側と挟む側の二つで一コマですが、

ミッシングリンクで留めるので端の形状は丸っこい形の状態にします。

 

 

 

古いほうがチェーンが伸びてて長いように見えるけど、

コマ数を合わせて切ってます。

 

チェーンを取り付ける

チェーンをスプロケとチェーンリングに乗せていきます。

 

 

 

文字が刻印されてる側とされてない側があります。

刻印されてる側が外向きになるように取り付けます。

 

 

そして、チェーンを通すときに気をつけたいのが、

プーリーにチェーンがかかっているかを必ず確認してください。

S字に通ってなかったり、プーリーの外枠側から通していたりすることがあります。

 

今回はミッシングリンクで接続するので、

チェーンをくっつけてから通す位置を間違えても修正できるから気楽にやっていきましょう。

 

ミッシングリンクを取り付ける

 

KMCのミッシングリンクを使います。

 

 

チェーンを取り付けるときにチェーンを保持しづらい場合にはチェーンフッカーを使用したりしますが、僕は持ってないので、

いらなくなったスポークを折り曲げて使ってフッカー代わりに使っています。

 

 

ミッシングリンクの向きはリンクが上側に来た時に刻印が普通に読める向きになるように取り付けます。

 

チェーンが下段のところで作業しているので、数字は逆さまになっています。

 

しっかり固定出来たら作業完了です。

 

 

あんなに汚かったチェーンも取り換えてピカピカしてますね。

 

キレイになったチェーンは見ていて気持ちいいです。

 

まとめ

チェーンは消耗部品ですので、走行距離がけっこういってるなら交換しましょう。

チェーンはロードバイクのスプロケの枚数によって選んでください。

 

チェーンを切るときには専用工具が必要です。

ただし、チェーンを少し短くしたからと言ってまた取り付けられるわけではありませんのでお間違いなく。

 

チェーンを通すときにはプーリーにしっかりチェーンを添わせて通していくことで、チェーンの通し間違いは少なくなります。

 

ミッシングリンクやともし通し間違えて付けたとしても、やりなおすのが簡単でいいですね。

 

専用工具がいるけど、トライしてね。

ではまた。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-メンテナンス
-,

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.