園芸

【ダイソー】硬葉系ハオルチアがツンツンでかわいい【多肉植物】

投稿日:2023年6月27日 更新日:

多肉植物類のハオルチア。

そのハオルチアには軟葉系と硬葉系があるのはご存知でしょうか?

 

ダイソーで硬葉系のハオルチア同じものを3つ購入しました。

 

今回はこのハオルチアを植え替えしていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

硬葉系ハオルチアの植え替え

ハオルチアには硬い葉っぱの種類があって、

ツンツンしたこの子を植えます。

十二の巻という種類があるんですが、

このハオルチアは違うようです。

十二の塔? 

アテヌアータ?

まあ見た目が好きなやつなら名前は特に気にしない。

自己満足でいきまっしょう。

 

何かフサフサのやつが鉢の中に入ってます。

鉢から取り出して

根っこは水洗いします。

一つのハオルチアは根っこがなかったので、根の生えているハオルチアと一緒に植えます。

 

 

丸い鉢は少し大きいから用土を多くして

根腐れすると嫌なので鉢底を1/3程度入れて底上げします。

 

鹿沼土をふるいにかけて中粒だけで植えます。

 

もう一つは小粒の鹿沼と赤玉を混ぜた土で植えます。

微塵やかなり細かい粒はふるいにかけてよけておきます。

鉢底にたまってべちゃべちゃになってしまうのを避けるためです。

 

植えてからですが中粒で植えた根が小さいヤツは中粒はあんまり・・・

小粒の用土のほうが安定して植えれますので変えたほうがいいかも。

 

植えるときの用土は何を使う?

多肉植物を植えるときの用土は何を使おうかって迷った時には

外で育てるか家の中やベランダで育てるのかで決めるといいと思っています。

 

多肉植物は日光をしっかり当ててあげたほうが徒長しづらいです。

なので外で育てるぞって方は有機系肥料が混ざっているような培養土で育ててもいいと思います。

実際にぼくもブラックプリンスなどの多肉植物は培養土に鹿沼などを混ぜて育てています。

 

でも有機系の肥料が入った土は虫が発生してしまう原因にもなるので、

家の中やベランダで育てるよっていう人は無菌の単用土で育てるのがおすすめです。

 

ぼくはベランダで育てているパキラなどの観葉植物も赤玉、鹿沼で育ててます。

 

観葉植物、多肉植物専用の土ももちろんOK。

緩効性の肥料も入っているので特に追肥は与えずに肥料は土に混ざっている分だけと

割り切るって方法もありでしょう。

 

 

灰色の鉢が似合う

今回植えたハオルチアはダイソーの鉢に植えました。

水あげた後なので黒っぽく色が濃くなっていますが、

乾くと白っぽい灰色で今回植えたハオルチアに合ってると感じています。

灰色系はほかの植物でも合わせやすい色なので

気に入った鉢があれば持っておいてもいいと思いますよ。

ではまた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-園芸
-, , ,

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.