ライフスタイル

映画「BLUE GIANT」はジャズを知らなくても楽しめる最高のアニメだった

投稿日:2023年2月23日 更新日:

 

ビッグコミックで連載された(続編は連載中)「BLUEGIANT」がアニメ映画化されたので観に行ってきました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画BLUEGIANTで大(ダイ)達の演奏を実際に聴けるときが来た。

 

どのシーンから始まるのかワクワク

BLUEGIANTは音が聞こえてくる(実際には聞こえない)大人気のジャズ漫画。

今まで頭の中でなっていた音が、

実際の曲、演奏している姿をスクリーンで観られた。

 

コミックスは全10巻。

2時間の映画にするならどこの話から始まるのかっていうのは、

映画が始まるまでの楽しみ。

 

  • 本編通りの学生時代から始まるのか?
  • どこを端折ってに2時間に収めているのか?

 

などなどね。

 

大が東京に出発するところからスタートするから原作をまず読んできてる人向けなのかと感じましだ。

 

東京に来るまでのことやキャラクターなどは出てこないのかなんてのも思いながら観てたんですが、全員は出てこないですがこのシーンで過去の登場人物との関わりを見せてくるんやと思いました。

 

ライブシーンの表現に感動。ソロ演奏がメチャクチャかっこいい

ライブシーンが映画の音響、アニメーションと相まって迫力のある大満足なものだった。

さらに大、雪祈(ゆきのり)、玉田それぞれのソロはかなりかっこよかった。

 

3人が成長したラストそれぞれのソロ。

漫画で感じた躍動感よりもアニメーションと音でさらに迫力ある演出を感じた。

 

玉田のドラム。雪祈のソロのシーン。

大はもちろんずっと3人の真ん中で少し前に出てサックスを吹いているので、二人がソロで抜かれてるときはより見入ってしまいました。

 

映画館で観るからこその音と迫力もあったと思う。

素晴らしいソロ演奏で会場を沸かした雪祈にあんな悲しい出来事が起きるなんて…

 

原作を知らなくても楽しめるか

原作を知らないと大が東京に来るまでのどんな環境でサックスを吹いてきたのかっていうのはわからないですが、JASSのライブシーンはすごく良かった。

1人じゃなく嫁さんも一緒に連れてきたらよかった。っていぐらいよかったです。

 

映画館で観るからこその音量とダイナミックな映像。ウルっとしそうに感情移入してしまったり、普段ジャズを全然聴かないボクでもめちゃくちゃ面白かったと思える作品でした。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ライフスタイル
-, , ,

Copyright© Bicycle-Hobby~バイシクル-ホビー~ , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.